華奢見え肩のこりは3つの原因と4つの解消法

健康

肩こりなんてフツーにあるし

なんて言って言って気にしない。

といていた20代の頃ならそれでも一見問題なく過ごせますが、それを放っておくと、華箸だった肩がどんどんデ力見えしてしまうかも!? どどーんと存在感のある肩周りを避けるためには、肩こりを放置せず改善を心がけ観る方法について4つのこりの原因と4つの解消法を紹介します

肩まわりの血流が悪くなると、

賛肉がついてデ力見え肩に!

「肩こりは、スマホを下向きに見るクセがついて猫背になったり、デスクワークで同じ姿勢を続けたりして、肩の血流が悪くなることで起こります。そのこりによって筋肉が緊張して硬くなり、さらに血流が阻害されて首や背中までこるという悪循環に。そんな肩まわりのこりが進むと、血流が悪いところに少しずつ賛肉がついてきて「デ力見え肩」に。ブラ上に肉が乗るような丸い背中には、老け感も。肩こりを放置していると、30代でも肩から背中に肉がついたずんぐり体型になってしまうので、姿勢を正したり筋肉の張りをほぐし、こまめに対策を!」

肩こりをほうっておくと、こんな姿になるかも…

肩こりと姿勢の悪さで血流が悪化して太くなる

猫背の姿勢だと重い頭の重心がずれて前に落ちるため、細い首だけで頭を支えようとして、肩だけでなく首の筋肉も緊張します。また肩こりによって肩から首への血流も滞るため、特に首の付け根は血流が悪い状態に。そこに賛肉がついて 首が根元カり太くなっていきます

筋肉が減少して緊張し、驚血行不良を招いて賛肉が・・・

肩から背中中央までつながる大きな筋肉(僧帽筋)が肩こりで固まると、その工リアの動きが悪くなり、筋肉が衰えて減ってきます。すると少ない筋肉で姿勢を支えることになり、背中全体が緊張して、より血行不良に。そこに賛肉が溜まり、ブラ上に乗る肉となります。

猫背が進むと肩が前方に入って動きが悪くなって贅肉が増加?

肩こりの原因として最も多いのは、姿勢の悪さ。前傾姿勢が続くと肩も前方内側に入って固まり、肩が両側から引っ張られて緊張して肩こりになります。肩まわりの可動域が狭まり血流が悪くなるため、不要物が蓄積されて賛肉になり、肩が丸くどっしりした印象に。

自分でできる肩こり対策は、姿勢を正したり運動などで血流を促すこと。でも偏った姿勢のバランスや筋肉の緊張は、プ口の手を借りないとリセットが難しいもの。ここで紹介するリラクメニューから、トライしてみて!

ここからは実際のこりをほぐしましょう

整体は

体の不調は肥満を招いてお肌荒れも起こします

偏った使い方で固まった首肩をほぐし、骨格のゆがみを整える背骨などを整えることで全身のゆがみにアプ口ーチし、あるべき姿勢に戻すようサポートする整体。肩まわりの難 施術が多いので、肩こり対策は得意ワザ。上の施術では首のポジシ

ョンを正し、負担のかからない姿勢へ。左は、肩を開くことで背骨の動きをスムーズにプロのサポートで丁寧にストレッチ。全身の巡りを促してしなやかに

タイ古式

体を動かしましょう

東洋医学の経絡に沿ってゆっくりと指圧を行った後、全身を伸ばしてもらうタイ古式。指圧で充分ほぐれた状態で、プ口のサポートによりセルフでは無理なところまでしっかりストレッチできるのが魅力。固まった筋肉がしなやかになって血流が促され、こりが改善します。

リンパドレナージュ

筋肉の緊張をほぐしながら血流を促し、こりを改善

体内の不要物を回収するリンパ管の流れを意識して、オイルトリートメントを行うリンパドレナージュ。筋肉の張りを心地よくほぐしながら手先などの末端から血流を促して、全身のめぐりをスムーズに。賛肉が蓄積する前に流す対策として、取り入れたいメニューです

骨格矯正で正しいボジシン圧迫を解放して不調を緩和

筋肉の偏りを正して関節の動声ぎ を整え、骨格を正しい位置へ戻す力イロプラクティック。ゆがみによる神経の圧迫を解放することで、こりを改善します。上の写真は、首の可動域を広げる施術。左では、猫背矯正のため背中の筋肉にゆっくり圧をかけながら、バランスを調整しましょう。

力イロプラクティツク

筋肉の偏りを正して関節の動声ぎ を整え、骨格を正しい位置へ戻す力イロプラクティック。ゆがみによる神経の圧迫を解放することで、こりを改善します。上の写真は、首の可動域を広げる施術。左では、猫背矯正のため背中の筋肉にゆっくり圧をかけながら、バランスを調整出来ます

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました