今、ちゃんと知っておきたい エステティックの契約Q&A 4つの疑問

美容

エステティックの契約て知りませんでしたが、今回初めて利用して契約の内容を知りましたので、皆さんにも同じ思いをしてもらいたくないと思ったのでお知らせしたほうがいいと思いました。

2 ちゃんと知っておきたい エステティックの契約Q&A

 

エステティックサロンで申込みをするときに交わすことのある契約書。 お店からちゃんとしたサービスを受けるための、とても大切な約束が「契約」です。 でも、契約書の内容をよく読まないで、意味を理解しないまま、サインしていたりしませんか。 契約のことをしっかり知って、エステティックサロンへ行きましょう。

3 このちゃんと知っておきたい エステティックの契約は次のとおりでした。

 

Q1契約ってどういうことですか

商品を売買したり、料理やェス テのサービスの提供を受けたりす るときに交わすのが 「契約」です。 「お店で商品を買うときにいちいち契約書を 書いたりしてないけど…」と思うかもしれま せんが、「売ります」「買います」という合意 があれば、口約束でも契約は成立してしまう 場合があります。

とはいえ、 口約束だと「言った」「言わない」 というトラブルが起きやすくなります。そのために契約書を作成し、やりとりの約束をはつきりと明記しておくことが、とても重要になります

Q2 エステティッ クの 契約書で 確認すべきことは?

エステティックの契約では、次のようなことが明記されているか 確認しましよう。

・契約したサービスの回数、価格、有効期問。 ・サロン で購入する化粧品などが、サービス を受けるにあたって、必要とする商品 (関連 商品)なのか、おすすめの商品 (推奨商品) なのか。サービス解約と同時に関連商品は解 約できますが、推奨商品は解約できない場合 があります。 ‘中途解約やクーリング・オフ についての規約。

広告や口頭説明の内容が契約書にも記されているか。契約書に書かれていることはすべて重要な ことです。しっかりと内容を理解しておきましよーつ。

Q3契約する際に 確認しておくことは ありますか?

契約する際には、サロンから渡されることになっているメニュー

表 ・料金表などが記された「概要 書面」を、必ずもらって説明を受けましょう。 サロンによっては多種多一なサービスを提供しているところもあるので、自分の目的に合ったサービスはどれか、どのサービスを組み 合わせるとよいのか、などサロン担当者とよ く相談し納得してから契約をすることが大事です。

一方的にすすめられたものを契約するので はなく、自身もサービスの内容を理解した上 で契約しましよう。

Q4もし、契約後に サロンに 通えなくなって しまったら…?

エステティックサロンやスクールのような、高額で長期的、継続 的なサービスは 「特 定商取引に関 する法律(特定商取引法)」の規制対象とな る「特定継続的役務提供」に該当する場合があります。

「 特定継続的役務提供」に該当するサービ スについては、契約の書面を受け取った日か ら数えて8日間以内であれば、契約の解除(ク ーリング ・オフ)をすることができます。そ の期問を過ぎた場合でも、サービス提供期間の間は、中途解約することができます。 違約金は契約の内容、解約する時期によって違うので、下のチェックシートで確認しましょう。

もし、解約し なければいけないときは ?

エステティックサロン契約チェックシート

契約期間が1カ月を超え、契約金額の総額が5万 円を超える工ステティッ クサロンサ ビスの契約である場合中途解約できます。

解約手数料(上限 2万円)をサロン に払えば全額返金 してもらえますので、自分の納得が行かない契約は解除する方が良いでしょう。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました