婚活はテクニック又は心構えどちらが必要かについて最低限知っておくべき5つのこと

婚活
Beautiful woman

婚活に必要だったのはテクニックが一番と思っていましたが実は違った

 貴方は、婚活で間違ったテクニックを使っていませんか

活の活動も多くを経験してくると、テクニックも必要と言った内容のアドバイスもありますが

私が経験してきたことでは、私は小さな結婚相談所に入会しているときに、その相談所のサポーターみたいな活動をしていました。するとその時に、新人の入会者と一番最初に会えるということが数回ありました。

たまたま、小さな結婚相談所のパソコンなどを直したりしているときに、そのやり取りや、活動を見ていた新人の入会者と話が出来て、それが今の配偶者となりました。

配偶者

何が言いたいのかは、何事の素直に動いているときの方が自分を正確に出せているし、それで色々なところからも声が掛かることがありますという事で巣。つまり小手先のテクニックも必要ですが、後はいかに誠実に生活していて裏表がないように動いていると相手からも認められるということがありましたので、婚活はテクニックではなくて、心構えが一番だと言うことです。

婚活はおなじ結婚相談所だとあるおなじメンバーに出逢うことも多くあります。

そのような場合は、何時も会っていると新鮮味がなくなってしまうような感覚になり、少しは婚活のテクニックが必要に感じますが、異性から見るとテクニックを使っている場合は、必然的にチグハグに見えてくるので、明らかにテクニックを使っているとバレバレのことが多くあります。

つまり、婚活はテクニックの揉んだではなくて、誠心誠意男女として付き合えて将来的に結婚できる普通の神経の持ち主かが問われることが多いのです。

話は少し変わりますが、 婚活で知り合った女性にデートの予約で「どこに行きたい」と聞いたときに、女子が普通に〇〇〇映画を観たいとか、〇〇〇〇が観たいのでドライブに行きたいと言ってきたらごく普通の神経の持ち主であることが分ります。

が、このようなときに女性が「卓球に行きたい」とか言ってくると、男子はこの女子は何を考えているか分らないと思われて、二度とデートにも誘われないし、一切声も掛からなくなります。

 雰囲気と場所をよく考えましょう

この場合はテクニックよりも考え方自体が既にずれていると言うことを言いたいわけで、男女がデートでどこに行きたいかと言われたら自然に出かけられるイメージを養うこともテクニックではなくて、普段からの出会いの心構えなのではないかと思っていました。

つまり、一般的な女性が普通にデートしたい場所を思い浮かべることが出来るかが、自然な対応に繋がるので、気張った内容のことを言う必要がないのです。

ではどんな方法がテクニックも必要としないのかを探してゆきます。・

その1ありのままを受入れる一期一会の出会いを大切にする女性 

婚活では、全く見ず知らずの異性とあうことが殆どですから、どちらも緊張してなかなか顔を見ながらお話しは出来ないし、なかなか進まないのもですよね。

結婚相談所から事前に紹介されてプロフィールと顔写真を見ていてもその人の話し方だったり癖などもありますので、緊張してきますが、その緊張している会場でも、その場の雰囲気をそのまま受入れて、相手と会うのは今日最初ですが最後かもしれないと思って、一生懸命に相手を知ろうとして、色々聞いてゆくとお互いに気持ちがほぐれてきて話も進むことが大いにあります。

また、多少慣れてきたら積極的にお誘いをしてみても良いかもしれません。婚活している異性の方も普段から出会いない方が多いので、お互いに積極的に出た方が多くの出会いを獲得します。

 その2自分の第一印象を大切にする女性でしょうか。

笑顔を何時も大切に出来る女性が男性から観ても良いイメージを持たれると思います。

ただ、日本人は普段あまり人前で笑うという行為をしてきていないので、自分では微笑んでいるつもりで引きつった笑顔を見せてしまっては逆効果になりますので、お化粧の時にドレッサーの前で微笑みの練習をすると良いかもしれません。 笑顔での印象が良いと、婚活パーティなどでも必ず男性から積極的にこえがかかるでしう。

その3素直な性格を持っている女性が好かれる

  どの場合もおなじだと思いますが、仕事でも、「はい」と元気な声で返事をして仕事をテキパキと片付けくれる女性は、それを見ている男性からは憧れる存在になると思います。つまり、素直な性格で何事も行えるか、何事も考えることが出来る女性は、何かにつまづいたりしても周りの同僚や先輩からのアドバイスも受けられるので、職場でもサークルでもいつの間にかグループであれば必ずその中心だ輝くことが出来るでしょう。

その4 相手の長所だけを見つけられる女性

  どの職場でも学校でも女性同士の同性の中には、鼻につくとか、こびを売っているとか気になる存在の女性がいるものですが、そんなときもそのような女の子の行動や言葉遣いの良い点を学んで自分と比較して自分に足りないところがないか又足りなかったらそのよい点を自分の行動などに取り入れられないかをよく見てみましょ。 その過程で、その様な存在の女性とも意気投合して、そのような女の子だけが持っている色々な長所を取り入れることが出来るのではないでしょうか。

  よく、婚活現場では、最初からマイナス査定を行ってしまい、

  「今日も私の理想の異性がいない」

とかおもって、その異性男性などの良い点を見逃してしまっている女子も多くおります。

 それでは、何回婚活パーティに出席しても決して自分会う男性が現れても気がつかないで見逃してしましますので、マイナス査定ではなくて、必ず加点方式で相手と接する癖をつけましょ。

その5  自分の欠点をよく理解している女性。

自分の欠点を理解すると言うことは、自分を別な視点で見つめることが出来ると言うことで、客観的に自分を評価出来るという事です。

欠点を理解すると言うことと、自分の評価を下げると言うことは違うので、あくまでも自分を相手よりも下にあるとか、相手が自分の上にいるとかというイメージを持たないようにしてください。

自分のことをよく知っていると言うことで、長所も短所も理解しているので、相手にも色々な意見等を求めるときにも、自分の意見ばかりを押しつけると言うこともないですから、とても異性や同性のかたからもとても好かれる女性になれるという事です。

と、言うわけで、婚活は心構えが一番でした。

  特に婚活だけに限った話ではありませんが、何事もテクニック先行ですと、直ぐにメッキがはげてきますので、今までに言ったことを自分のものにできる様にしてゆくことが一番必要ですね。

ぜひ、婚活はテクニックだけでなく先に必要なのは心構えがしっかりとしていることが求められているという事です。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました